3SJP vpakspace

データ連携サービスの事例

Home > 技術情報 > データ連携サービスの事例


データ連携サービスの事例をご紹介します。
DATA201


お客さまが長年使われてきたシステムを刷新し、パッケージを利用されることに伴い、システム間連携の仕組みを構築する支援を行いました。

3SJPは元のシステムにも、新たに導入されるパッケージにも開発に携わってはいませんが、ファイルレイアウトと実データを分析して、お客さまに負荷をかけることなく作業を行っています。










  1. 口座振替依頼
    DATA202

    システムAは新規に導入された業務パッケージで、口座振替依頼データを全銀フォーマットで作成します。
    データ連携サーバでは、既存システムであるシステムB向けに専用の口座振替用フォーマットにレイアウト変換を行います。
    口座振替結果の場合は、矢印の向きが逆になります。

  2. 申込受付
    DATA203

    パッケージ・システムDに入力されたデータは、一定間隔ごとにデータ連携サーバに送信されます。
    データ連携サーバは別のパッケージ・システムA向けにレイアウト変換を行い、即時に送信を行います。
    システムA側で申込の審査業務が行われた結果は、一定間隔ごとにデータ連携サーバに送信されます。
    データ連携サーバはシステムD向けにレイアウト変換を行い、即時に送信を行います。

  3. 帳票印刷
    DATA204

    システムAはパッケージで用意されたレイアウトで帳票データを作成します。データ連携サーバは印刷会社向けのレイアウト変換や一部の項目編集を行い、印刷会社に連携します。

  4. 金融機関情報の更新
    DATA205

    ユーザーがシステムAのサポートサイトから標準の銀行マスタをダウンロードし、規定の場所に格納します。
    データ連携サーバは、ユーザー企業専用の銀行マスタの形式に編集を行い、ユーザーは出来た銀行マスタをシステムAにアップロードします。


Top1.口座振替依頼2.申込受付3.帳票印刷4.金融機関情報の更新

Home > 技術情報 > データ連携サービスの事例